フェイシャルカッサの効果

HOME > フェイシャルカッサ

カッサ(刮痧)療法とは


カッサとは中国伝統療法です。

民間療法として親から子へ、子から孫へと大切に受け継がれていきます。何千年も前から現在まで長く広く取り入れられてきました。石や木片などを使って体に刺激を与えることで痛みを緩和しようとする、人間の本能に即した行為から始まったと考えられています。

鍼灸同様に経絡、経穴を考え施術し気血刺激によって肌の表面に血液の毒(滞り)を浮き上がらせると同時に、血流やリンパの流れが促進されることで、老廃物をスムーズに排出することができるのです。

「刮(かつ)」という字には削るという意味があり、老廃物を取り除きます。
「痧(さ)」は滞って動かなくなった血液を示しています。
つまり、かっさは「肌をこすることで滞っている血液を刺激し、滞りをなくす」療法です。

なぜカッサが効くのか?

お顔の凝りをとる。
血流・リンパの流れをよくする。
老廃物を排出する。
栄養素がいきわたり細胞が活性化する。

※その結果!!くすみ、たるみ、しみ、しわなどお肌のトラブルが改善するのです。

カッサ療法の効果

即効性がある
お顔のコリをとる
(フェイスラインアップ)

目尻のたるみ
お顔のむくみを取る
艶感、化粧のり
新陳代謝向上

※アンチエイジング美容鍼と一緒に受ける事で効果は倍増です♪