[コラム]汗によるトラブル

梅雨も明け、今年も猛暑日が続いていますね。
毎日毎日、大量の汗をかく・・・大変ですよね。
 
そんな”汗”の成分や肌へ及ぼす影響を皆さんご存知でしょうか?
今回は汗についてご説明したいと思います♪
〇汗って何のためにでるの?
〇汗の成分とニオイの関係
〇汗に伴う肌トラブルと対処法
 
 
〈汗ってなんのためにでるの?〉
急激に気温が上昇したり、激しい運動をしたり、発熱を起こした際に汗が出ますよね?
汗の最も重要な役割は体温の調整を行うことです。
 
脳が「暑い!」「体温が上がってきている!」と判断すると体温を平熱に保つために脳が汗腺に「汗を出して!」と命令を出します。
そうすることで身体は平熱を保てているのです。
 
また、辛いものを食べた時は反射的に鼻や額に汗が出たり、緊張や驚いた時など精神的な刺激で手のひらや足の裏に汗をかくこともあります。
〈汗の成分とニオイの関係〉
そんな重要な役割を担っている汗ですが、ニオイが気になる方も多いのではないでしょうか。
 
汗が出る汗腺には2種類の「エクリン腺」と「アポクリン腺」があります。
全身のほとんどが体温調整のためにエクリン腺から汗が出ており、99%が水分のため無臭です。
一方で、ワキの下や下腹部など特定の部位にあるアポクリン腺から出る汗は白く濁っており粘り気があります。
この汗は脂質やタンパク質などを多く含み、この成分を常在菌が分解し腐敗することでニオイが発生します。
 
〈汗に伴う肌トラブルと対処法〉
汗を放置するともちろんニオイの原因にもなりますがその他にもトラブルが起こります。
汗を放置すると雑菌が繁殖しやすくなったり、汗でふやけてしまった皮膚表面の細胞が少しの刺激でも傷つきやすい状態になり、皮膚にダメージを与えてしまうことがあります。
また、汗が蒸発する際に皮膚にある角質細胞の天然保湿成分が一緒に奪われてしまうことで乾燥しやすくなってしまいます。
 
このさまざまなトラブルを起こさないためには汗をこまめにティッシュで拭くことや夏場でも保湿を入念に行うことを心がけることが大切になってきます。
 
汗をかくことで起こる肌トラブルを防ぎ、健やかな肌を保ち、この夏を乗り越えていきましょう。
美容鍼灸院Glanz
鍼灸師 森 実佑奈